WorldMapEditor2020 


このエディタは0~Fのデータを可視化して地形データを作成するためのものです。
プログラムはマウスカーソルコントローラ(guion.asc)をマージして改良したもので
VRAMの使わない領域(裏)のPAGE2にアクセスすることによりマップを使うことができます。
フィールドのほか、ダンジョン、迷宮、シューティング、パズルなど世界観を思考することができます。
昔はよくノートにマップを描いて遊んでいました;

WorldMapEditor2020

WorldMapEditorはこんなふうマップを作ることができます。どんどんゲーム作れますねw。
最大で200200ですから一周移動するには2分~4分くらいかかる計算になります!(お!)

 1を巣窟、3を草原、4を森林、6を岩礁、7を海、8を城、9を町で
10陸地、11街道、12を橋、13を洞窟、14を岩山という具合に決めて描きます。

冒険なんですが利用できるようにしようと思います。
15種類のパターンデータはマップのようになっていますが、

 これを連続したデータにするにはテストで左端にヘッダ識別コード(00H)を加えて200バイト後に
2ドット目ヘッダ識別コードをロードことができるようにすればいいと思います。
これを200ドット行まで繰り返せば圧縮できます。
 このプログラムはBASIC命令を使って座標をロードしてマップガジェットに活用していきます。
ガジェットマップのWRD拡張パックを作れば解決できそうです^^

あまりにもシステムを仕上げすぎると自由度が減るので
基本ラインとしてここまでは作りたいです。