MSXガジェット2009マップエディション
MSXガジェットでMSXグラフィックスを簡単にする


mapedit2009



■プログラム解説


MSX:MSXガジェット2009マップエディション

MSXはゲームを作ることができるのもパソコンの特長です。
MSXにアナログ時計が欲しい、16ドットエディタが欲しい、マップエディタも欲しいと
よくばりウィジェットを作ってしまいました。
ウィジェットを組み合わせることで、デザインを起こして思考するのに役立ちます。
紙面で描いていたモノを数時間でデジタル化できます。
この画面はエディタの裏画面で、マップとウィジェットの時計のキャッシュが入っています。
MSXガジェットでは上の文字盤を裏画面に描いています。
これはキャッシュを使わないで起動すると時間がかかる処理とわかって欲しい為です。

MSX:MSXウィジェット


色の制約のないSCREEN5のマップエディタは
質の高いゲームを作ることが誰でも可能になります。
操作はカーソル、スペース、リターン(enter)と主要キーです。ESCキーで終了します。
多少の慣れが必要ですが、勘弁してください。
これ以上機能を加えても使いにくいのでやめました。こまめに保存をお願いします。
今回は特別に試作した文字とパーツデータ、ファイルローダも加えました。
フィールドネームとファイルネーム最初に表示しました。
このプログラムでは開発はしないので、不要となった0~F表示を消して
遊びでmacのようなアイコン表示のような効果に変えてみました。
このプログラムに変えると、
「4の画像はすこし赤が欲しい。」などの話ができなくなります。
そういう為の番号でしたが、さておいて
表示が何がなんだかわからなくなったのですが、クールです。

<< 公開終了>>



2009年はWindowsVistaでガジェットが流行して
 MSXならマップエディタかなと時計付きのマップエディタの試作をしました。
あとドットエディタとLOAD,SAVEとNEWFILEというファイル名表示も加えました。
 問題はマップパターンデータですがドラクエ程度のマップ広さは膨大すぎて無理です;

dante マップの広さ

でもMSXマガジンのDANTEでは最大X=39,y=29でした。
これでは開放感がなくせまく感じるので冒険なんですが限界に挑戦したい…

BASICの領域だけを使ったゲームでは本格的なものができないことがわかりました。

200200のマップまでやってみたいそういう思いが強くなりました。(お!)
MSX2だからVRAM(128KBの領域)にしようかと。
実はVRAM64KB(PAGE2~3)の空き領域をデータにすればってよく忘れるんです。
MSXBASICでもROMのようなゲーム作りは夢ではないんです。
VPOKEでは&HFFFF(64KB)までが限界ですが裏技のポイントをつかめばできます。
マップをドットで手書きすればいいんです。(え!)
市販ゲームにあった全体マップの表示です。
これはユーザーの為でもありましたがデバッグ作業にも使えそうです。
まず、領域の確保をします。浮かんだプログラムはかなりカオスです;

10 SCREEN5:SETPAGE2,2:LINE(0,0)-(199,199),5,BF
20 COPY(0,0)-(199,199)TO"WORLDMAP.CP5"
99 I$=INPUT$(1)

次へ