MSXBASIC逆引き辞典

■入力

=文字を文字列変数に入れる=

A$="もじ"
A$="文字"
A1$="MOJI"

=数字を変数に入れる=

A=15
A1=16
AX=32

=文字を配列変数文字列型に入れる=

I$(1)="あ"
I$(2)="い"
I$(3)="う"
I$(4)="え"

あらかじめDIM I$(30)と
10以上は宣言する必要があります。

=数字を配列変数数値型に入れる=

X(0)=124
X(1)=34

=配列変数の2次元型にする=

DIM W(10,20)
W(10,3)=124
W(3,4)=23

このように座標のようにすることもできます。

■出力

=テキスト画面で表示=
PRINT"ABC"
I$="ABC":PRINT I$
I$="ABC":PRINT I$;"DEF"

セミコロンを入れると改行しません。

=グラフィック画面で表示=

SCREEN5:OPEN"GRP:"AS#1

■入力待ち

=コンソールによる入力待ち=

INPUT"A (0-12) ";A
INPUT"FILE NAME ";F$
LINEINPUT"A(0-12) :";A$

=キー入力待ち=

I$=INPUT$(1)

=パスワード風のキー入力待ち=

入力パスワードが6文字の場合
I$=INPUT$(6)

=他の処理をしながら入力待ち=
I$=INKEY$

キーの割り当てを作りたい場合などです。

■文字列の操作

=文字を加える=

I0$="ABCD":I1$="EFG":I0$=I0$+I1$

=文字を取り出す=

'左から4文字
I0$="ABCDEFG":I$=LEFT$(I0$,4)
'右から4文字
I0$="ABCDEFG":I$=RIGHT$(I0$,4)
'4文字目以降
I0$="ABCDEFG":I$=MID$(I0$,4)
'4文字目から1文字
I0$="ABCDEFG":I$=MID$(I0$,4,1)

=文字数を出す=
I0$="ABCDEFG":A=LEN(I0$)

■繰り返し

'0から7まで繰り返す
FOR I=0 TO 7
'1になるまで繰り返す
FOR I=0 TO 1:I=-STRIG(0)
STRIGは-1で押したことになります。
-STRIG(0)では押すと+1になります。
また
I=-(S=4)のように条件を加えれば
S=4にならないかぎり繰り返します。

■条件判定

'もしもC=3ならば120行
IF C=3 GOTO 120
'もしもC=3ならばA=1
IF C=3 THEN A=1