MSXBASIC 命令セット一覧
[FULLMSX.COM]トップインデックスへ

MSXを知ることが早道です…

[やってみましょうBASIC]-[グラフィック]-[サウンドとミュージック]
[マシン語]-[ダウンロード]-[MSXPLAYer]-[1chip-MSX]

=アルファベット順 インデックス=

PC版
 AからZまで全ての命令セットを一括したページ。PC向きです。

ケータイ版
 AからZまで全ての命令セットを一括したページ。ケイタイ向きです。

何かお困りのようでしたら、連絡用の掲示板は休止中でブログ
から、挨拶ついでにコメントでお願いします。


=動画別インデックス=

MSXBASICからのプログラミング

MSXBASIC

動画のURL:movies/msx-prog.mp4

 直接入力するダイレクトモード、マルチステートメント、PRINTの省略した入力
行番号を入れる、上書きモードの入力方法、グラフィック画面を使ったプログラミング


 

SCREEN1のキャラクタエディト方法

SCREEN1のキャラクタエディット

動画のURL:movies/chr-sc1.mp4

<補足説明>

実行しているプログラムリスト

動画に表示されているプログラムを入力してください;
文字がキャラに化けていますが、A=ASC("ア")になっています。

 全ての文字(キャラクタ)を表示、カタカナの「ア」を変える、DATA文の01(ゼロイチ)を変える
最後に変えた行をEnter(RETURN)キーで確定、実行させる、文字を変えていく、デフォルト色から色を変えるなど



=ジャンル別インデックス

<< サウンドとミュージッ ク、演奏などの拡張命 >>

テキストファイル、MSXキャラクタセット、テキストモード、多色刷 り、
MSXのテキストモードと多色刷り

コントロールコード、キャラクタコード、キーボードマトリックス
キャラクターコード

2つのスプライトモード、単色スプライト、COLORSPRITE、 スプライトを重ね合わせ、衝突判定
MSXスプライト徹底講 座

各I/Oの指定方法、ジョイスティック、ジョイパット、マウス操作
デバイス

数値定義、参照、四則演算、記憶、応用例、配列変数
電卓のように使う

座標配列、原点設定、座標変換、極座標、関数グラフ、マップパーツ事 始め
座標系を強くする

2点の直線補間、連続点、直線などの線種出力
座標系を強くするその2

10進数、16進数(0〜F)
16進数

定義する方法、自動ファイル作成、括弧、ランダム、有効範囲、倍精度単精 度整数、論理演算、メモリ
文字列と数式

カンマ、データ文、文字列入力、表計算サンプル
DATAと INPUT

漢字モード、仮想端末、単漢字変換
MSXの日本語入力

MSXBASIC でメッセージを出してみよう(ふりがな付き)

割り込み、エラー処理、CTRL+STOP、トリガ、システムタイ マ、ファンクションキー
プログラムによる割り込み処理

テキストエディタ、モニタアセンブラ
マシン語

内臓ソフト、漢字モード、メモリディスク、MSX−DOS、FM音源、通信
CALL の拡張命令
通信拡張BASICの拡張命令


パターンジェネレータ、ネーム、カラー、パレットの各テーブルの概要、空きアドレス など
SCREEN0,1,2,5のVRAMマップ

画像コピーの操作、 文字の表示、VRAMの保存
VDP、テキストモードの文字列の表示

エスケープ シーケンス(VRAM関連詳細ページ)

アクティブページとビジュアルページ、コピー操作その2
SETPAGEを使おう




MSXBASIC逆引き辞典